リトルリーグなどスポーツを頑張っているお子さんガいる親御さんは、子供の怪我や不調など心配事も多いですよね。
少年期・成長期にかけて起こる不調として、野球肘というのをご存知でしょうか。

野球肘とは

投げる動作で肘が痛んだり、投げ終わった後しばらく痛みが残ったり、痛みだけでなく肘の伸びや曲がりが悪い、肘に力が入らないなどの症状がでるのが野球肘です。

原因としてもっとも考えられるのは、オーバーユースつまり、使いすぎによるものである可能性が高いと言われています。
投球の動作をするときに繰り返し繰り返し、同じ部位に過剰な負荷が掛かっていることが炎症を引き起こす要因となっています。

内側型と外側型

この野球肘には大きく分けて、内側型と外側型の2つに分けられます。

<内側型>
リトルリーグ肘とも呼ばれ、肘の成長軟骨に起こると言われています。
上腕骨内側上顆下端の障害で肘の内側の伸長ストレスにより起こります。
軟骨、靭帯、腱が痛みます。

<外側型>
肘の外側が圧迫され離断性骨軟骨炎が起こります。
オーバーユースにより起こり進行してしまうと手術の必要も出てくるもので、内側では伸長ストレスで外側は圧迫ストレスで疼痛が出ます。

症状が出たらまずは安静に!

練習を休むなど、まずは安静にして症状が進行するのを防ぎましょう。
この野球肘は、オーバーユースが原因と言われていますが、すべての子供がなるわけでは有りません。
そのため、同じ練習量をこなしている仲間と比較して、本人が無理をしてしまいがちです。

お子さんが野球肘になってしまったときには、安静の必要性を本人にしっかりと説明して、無理をさせないようにしましょう。

スポーツにも対応した接骨院や整骨院、整体院の利用もおすす

子供の成長過程と、筋肉増大のバランスが取れていないところに、下肢や体幹などの動きの悪さが加わることで、「手投げ」「肘投げ」になって肘に代償的な負担がかかり、痛みが起こります。
そういったときにおすすめなのが、スポーツにも対応した接骨院や整骨院、整体院を利用すること。

こどもの体型、体力に合わせた身体の使い方のアドバイスしてくれたり、投球フォームの分析してくれることも。
お近くの接骨院や整骨院、整体院で探してみると良いでしょう。